サックス お役立

Jazz saxophone 吹きの散歩道

●息のスピードが不足している。

サックスは、リードが振動する事で音が出せるのですが、息のスピードはある程度以上でないとうまく振動してくれません。アンブシャー全体のプレッシャーや息のスピード、 リードの硬さなどが一定だとするとマウスピースの先端とリードとの隙間が狭いほどリードそのものを振動させ易くなると思います。まず、いつもの演奏している状態で、 今まで以上に沢山の息を入れて吹いてみてください。実際には、リードを振動させるためには最低限の息のスピードが必要ですが、単純に息のスピードだけが要因になってい るわけではありませんし、リードの硬さや柔らかさ、マウスピースの開きや形状・材質、アンブシャーの形や咥え方などが複雑に相関関係を作っていますが、今まで以上に 沢山息を吹き込む事が出来て、なおかつ、より大きな音(音質に関係なく)がするのならおそらく息のスピードの標準状態を少しアップすればいいかもしれません。 ここでいう少しアップの度合には個人差があると思いますが、1秒で息を使い切るような息のスピードアップでは実用性がありません。1分間の練習でヘトヘトになるような 息の入れ方も良くありませんので、ご自身で判断をお願いいたします。もし、息を沢山吹き込んで音を出そうとしたときに息が入らなくなってしまったら、多分、顎のプ レッシャーが強すぎるか、リードが柔らか(古く)過ぎるのかもしれません。また、舌の位置や歯の位置が、空気の流れを阻害している場合もありますので舌や下顎の位置も チェックしてみてください。さらに下にある項目もチェックしてみてください。

--♪♪♪♪--