Saxophone お役立

ジャズサックス 吹きの散歩道

●フニャフニャになりたい

フニャフニャなどどよくわからない事を言ってすみません。楽器を演奏したりする上で物理的には いろいろな事柄があります。みなさんご存知のように例えば、楽器のメーカー、リードの種類、 マウスピースの種類、ストラップの種類などです。普通は自分によりよくマッチしたものを探し選びま すが、どうも私の場合自分自身を十分信用していないので「マッチしたもの」という抽象的な表現 に戸惑いを憶えてしまいます。ところで私は尺八も練習し続けているのですが、この楽器、驚くほど 自分自身の気分や心根、体調などに直結しています。もう少し具体的に書かせていただくと尺八は 西洋の楽器よりもずっ・・・と繊細で多様、恐ろしく奥が深いく尚且つ単純明解です。すみません、 ちっとも具体的になっていませんね。つまり、昨日の練習で見つけたポイントと今日練習で見つけた ポイントが違う。これはサックスなどの西洋楽器を演奏していてたも大いに感じますね。ところが、尺八 は息を入れて演奏しようとする度にポイントが違う。ワンフレーズ演奏するごとに-new world-で 演奏している感じなのです。尺八は西洋楽器のフルートに共通する部分は多々あると思うのですが、 音を奏でる部分がフルートの歌口ほど機能的に洗練されおらず、それゆえ西洋的でなく日本的なのだ と思います。尺八を演奏される方は首を振りながらの演奏になっている場合が多いと思うのですが、この 首をお振りになる動作の理由は上記のポイントが毎回違うところにあるのではないかと考えています。 尺八のお話になってしまっていますのでもとに戻します。

自分自身がいつも同じであることは出来ません。自身が絶対的な不動のポジションにあることは人に よっては理想なのかもしれませんが、それってたいへん難しいことだと思います。サックスの場合は、自身の 体調、楽器やリードのコンディション、マウスピースの集類・開きなどいろいろな要素が複雑に絡みあって の上での演奏になりますので、外部的に最適なポイントを見つけることはなかなか難しいと思います。 一定の満足を持てれば、自分自身をフニャフニャにしておいていかなる状態にも対応できるようにした方 が効率的だと思いますがいかがでしょうか。 


▲ お役立ちメニュー