サックスお役立

Jazz saxophone 吹きの散歩道

ジャズサックス問題点の私的対処方

〇思い重いのサックス

50年前のお話にから始めてしまいますがが、お許しください。そのころのサックスといえば、「日管」、「ヤマハ」、「プリマ」、 「セルマー」、「キング」等々のメーカーのものがあったように思います。どのメーカーの楽器も今現在わたしが使っている 楽器よりも軽かったように思います。以前に使用していた11万台のセルマー・マークⅥは、ベルの部分を両手で挟んで ググッと押すと一時的に変形しました。もちろん反発力でもって元にもどりますが、意外と柔らかかったように思います。 それに比べ現行のサックスは重くなっていると思うのですが。私が使っている限定リファレンス54は非常に重く感じます。計量 したわけではありませんので、何グラム重くなっているとは言えないのですが、以前使っていた11万代のマークⅥよりは確実に 重いです。現行のサックスが以前のものよりより重くなっているとすると、何が原因となって重くなっているのか知りたいと思います。 楽器が重くなるとはどういうことなのか、管体の金属の密度がより大きくなったのか、より厚くなったのか,部品の重量がより 重くなったのか、重くなったら音がどうなるのか,軽いとどんな音になるのか等々、そして重くなったら老体にはきついし、そもそも 首に負担がかかりすぎるかもしれません。ストラップの進歩とサックスの重量は 切手も切れない関係になってきています。


▲ お役立ちメニュー