Saxophone お役立

Jazz saxophone 吹きの散歩道

●舌の上中央にマウスピースの先端が当たる。

サックスのタンギングの基本は、舌の先のやや上側がマウスピースの先端のやや下側(リードの先端)に軽く触れるように 当てます。舌全体の動きは大きくありません。舌は、タンギングするたびに押して引いての-2-セットの動作 ではなく、-1-セットの動きをしています。たとえ話で恐縮ですが、キャッチ・ボールの練習をするときに、 ボールを壁に向かって投げて、ボールを投げて帰ってくるで一つの動作と考えて処理します。まず、 舌の先端部分でタンギングをするように修正して下さい。

このタイプの方は、当たりが比較的強くてタンギングしながら音符を演奏すると音符と音符の間に比較的長めの隙間ができます。 舌のどの辺りにマウスピース、リードのどの辺りが触れているのかは、音色や立ち上がりの音などに直接影響してきますので、 ご自身でいろいろな位置で試してみることをお勧めします。タンギングし易いところし難いところ、優しく立ち上がるところ、 強く立ち上がるところなど違いを知っていただけると思います。

タンギングのイメージは、マウスピースと振動しているリードの隙間を通過する空気の通り道を「一瞬塞ぐだけ」という感じ です。舌がリードの振動を抑制するような動きにならないようにと思っています。

--♪♪♪♪--