Saxophone(サックス) お役立

Jazz saxophone 吹きの散歩道

サックスの音は出るが、より小さい音が出ない。

サックスを演奏する時にマススピースを深く咥えすぎているのかもしれません。また、息のスピードが速すぎる場合も「p」で演奏することが難しくなります。 小さな音で演奏するためには、比較的にですが息のスピードを抑え、そのためにお腹(腹式呼吸)の支えを十分に維持して音を奏でます。一定の息のスピードを 安定して持続するのは、息のスピードが遅くなればなるほど難しくなります。

また、リードが硬すぎても、遅い息のスピードでは楽器を鳴らすのが難しくなります。一般的により硬いリードほど安定して振動させるためには、 より速い息のスピードを必要とします。

サブトーンという言葉をご存知でしょうか。この音色・音量をコントロールする技術はあなたの「音作り」に非常に役立ちます。 息のスピードを極端に落とした状態で「いかにして音を出すのか?」を探ることで、習得できる技術があります。是非、練習して みてください。

--♪♪♪♪--