荒崎英一郎Sax塾

ジャズサックス 吹きの散歩道

Jazz-のアドリブを勉強したい方

これから、アドリブ(即興演奏、インプロビゼーション)をやってみたいと思われたり、アドリブに 魅力を感じて-Sax-を始めた方にとっては「アドリブが出来るようになる」事は、一つの目標地点になっていると思います。 アドリブといっても色々なスタイルのものがあります。ディキシー・ランド、ピ・バップ、ジョン・コルトレーンのようなスタイル、 デイビッド・サンボーンのようなスタイルなどなどありますが、お料理と一緒でまずは食素材について検討してみるのも良いかもしれません。 素材が新鮮で良質なものならば、そのまで美味しくいただけます。あるいは、腕のいい料理人さんは幾多の食材をアレンジして新しい美味を生み 出してくれます。アドリブ(インプロビゼーション)においても、まずは、アドリブの素になる素材の勉強をします。ここで言う「素材」 とは、各個人の「好み」によって選択肢が沢山あるようなものではなく、コード(和音)、スケール(音階)、テンポ、リズム、 などの世界中どこにいっても、また、平等にだれにでも与えられた共通のものを習得することで、解決できるものが沢山あると思っています。

まずは、アドリブをするための材料を知り、コントロールできるようにするのが最も重要な課題です。センス、個性、感性など の抽象的、芸術的な概念の入り込む余地のないところで練習する必要があると思います。芸術性を磨く事は、最終的な目標ですが、それこそ あなた自身にお任せしなければなりません。この辺りに私の入り込む余地などまったくありません。すべては、あなたにお任せです。

--♪♪♪♪--