●初めての方から初心者の方へ

一番大切に思っている事は、生涯を通じて音楽を楽しめるようになっていただく事です。 そのために必要な事を出来るだけ早い時期に学んで欲しいと思っています。長いスパン で考えると「基本」が大事です。-Sax-を学ぶ期間が長ければ長いほど、この「基本」が なおさら重要になります。つまり、「基本」が出来ていれば長く続ければ続けるほど上手 になってゆきます。

「基本」とは技術的なことに限らず、ウォーミング・アップの方法、練習の方法、それぞれ の練習の目的意識、右脳的なアプローチなど意識の事柄も含んでいます。例えば、楽器を演奏 して練習している場合、演奏している自分自身とは別にもう一人の自分が必要です。つまり、 いい音なのか良くない音なのか、滑らかに演奏出来ているのかいないのか、などを冷静に判断して 評価するもう一人の自分です。レッスンをしている場合は、先生が判断し修正してくれますが 大概の場合、練習されるときはお一人ですから先生のアドバイスはありません。 言いかえれば、初心者の方がレッスンを受けるという事はこのもう一人の自分を育てることに 他なりません。そして、それはそんなに難しいことではないと思っています。

ビッグ・バンドで演奏しようと思われている方は、譜面にある「オタマジャクシ」や「ボウ・ハタ」の意味 から教えられることになるかもしれませんが、どんなに上手な人もそのあたりから出発しています。

進歩の度合いやスピードには個人差があって早いから良いというものでもありません。 自分のペースを見つけて、ゆっくり確実に歩んで行くのが上手くなる秘訣です。自分のペースで 試行錯誤を繰り返しながら、上手になってゆくと自身の楽器演奏上の技術などをより良く理解できるよ うになると思います。というこは、いろいろな不都合をより楽に修正ができるようになる と思います。、