難しい音楽理論は抜きにして・・・!

ポピュラー・ジャズ音楽理論講座

演奏をする事を楽しむという事

原点回帰

自身が「演奏する事を楽しむ」ということには、これまで書かれてきたような「分かったような分かっていないような音楽理論」が必要かというと必ずしも必要ではないように は思います。楽器を演奏できれば「楽しむ事」ができますから、「演奏できる」のであれば「理論」などは必要ないようにも思います。しかしながら、ジャズ音楽については、 聞く側の楽しみ方、演奏する側の楽しみ方が、たとえば、歌謡曲、クラシック音楽、Jポップなどの音楽の楽しみ方と少し違っているかもしれないと思うしだいです。ジャズといっても 色々な楽器編成や演奏スタイルのものがありますが、もともとのジャズという音楽は、即興演奏を中心に回ってきているように思います。この即興演奏が骨格になっているとすると、 どうも「アドリブ」というものがジャズ音楽においては大事な骨格の一部になっているのだと言えると思います。ある曲の本来のメロディーやハーモニー、リズムを演奏することだけでなく 「即興演奏」というものがくっ付いている場合がえてして多い、というよりも必ずと言っていいほど連れ添っているのですがら。そのような意味では、作曲された曲を即興演奏という呼ばれている やりかたでどのように変奏するのかという事にも大いに興味をそそられる要素を持ったフレキシブルな音楽なのだと思います。そのような意味では、曲の持っている魅力に加え、演奏家の個性 が大いに前面にしゃしゃり出てくる音楽なのだと思います。なにせ実際の演奏は、ご存じの事と思いますが、テーマが1分足らずで、アドリブの部分が20分などという事もありますから。 また、次のような事も言えると思うのですがなにか楽器を演奏されていて、特にジャズを練習しようとされている人は、曲のテーマの練習もさることながら、「いかにカッコイイ-アドリブ-」 を演奏できるかどうかに多くのより練習時間を割くことになっちゃっているように思います。言い過ぎです。そうでない方もいらっしゃいます。また、作曲された、あるいわね編曲された作品や 曲そのものを興味の対象の中心にすえて即興演奏は、その次の大事な要素という場合も当然のようにあります。またまた、本題からズレてきたように思います。いろいろ書きましたが、 音楽する事を楽しむという事は、クラシック、ロック、ポップス、ジャズ、邦楽などのジャンルに関わることなく、まさに音を奏でる事、聞くことそのまま楽しめばいいのです。楽しむということに 難しい理屈などまったく必要ありません。何かを始めようとすると自分の身体がいろんなウンチクまみれになってしまって、原点を見失いやすくなります。楽しめなくなったら、終わりなどという事も なく、ただ「原点に帰る」だけです。

つづく・・・。