アドリブ(即興演奏)てなに-2

ポピュラー・ジャズ音楽理論講座

ジャズのアドリブ

未来に向かって同時進行

みんなで4人(カルテット)

あなたのバンドは、テナー・サックスを演奏するあなた、ピアノ・プレイヤー、ベース・プレイヤー、そして、ドラム・プレイヤー の4人です。ガイド・ライン(前レッスンを見てください。)の周りを自由に飛び交いながら私たちのバンドの演奏は、即興へと突入してゆきます。演奏している曲は、 ♪=70ぐらいのボサノバのリズムにしましょう。ピアノのイントロから始まりテーマが演奏され、つづいて各プレイヤーの即興演奏 に進んでゆきます。

●共通素材-1

「スタートレック」のエンタープライズに乗って宇宙を駆け巡ることを夢見るようにとはいきませんが、もっと身近なところで想像の世界に 自分の意識を拡散しましょう。たとえば、深い緑の大自然の中で露天風呂につかっているとします。もちろん私たち全員です。同じ湯船(?)の中 にいますので湯加減のほどは同じように感じているはずです。同じ湯加減というところが全員が意識せずともキャッチできる共通素材です。 まずは、この共通素材の湯加減を共通素材-1として、音楽で言うところの「テンポ」という言葉こ置き換えることにしましょう。 さて、大自然の中の露天風呂で4人全員が同じテンポ感に浸っています。「テンポ感」という言葉は何かしっくり来ない方もおられるかもしれません。 普通は、「テンポ」だけで「感」という文字はつきません。「テンポ感」は、「テンポ」という言葉よりももっと「アナログチックな意味」で使っ ています。二つの単語で表現しようとしていることの違いはこんな感じになります。