アドリブ(即興演奏)てなに-2

ポピュラー・ジャズ音楽理論講座

ジャズのアドリブ

未来に向かって同時進行

みんなで4人(カルテット)

あなたのバンドは、テナー・サックスを演奏するあなた、ピアノ・プレイヤー、ベース・プレイヤー、そして、ドラム・プレイヤー の4人です。ガイド・ライン(前レッスンを見てください。)の周りを自由に飛び交いながら私たちのバンドの演奏は、即興へと突入してゆきます。演奏している曲は、 ♪=70ぐらいのボサノバのリズムにしましょう。ピアノのイントロから始まりテーマが演奏され、つづいて各プレイヤーの即興演奏 に進んでゆきます。

●共通素材-1

「スタートレック」のエンタープライズに乗って宇宙を駆け巡ることを夢見るようにとはいきませんが、もっと身近なところで想像の世界に 自分の意識を拡散しましょう。たとえば、深い緑の大自然の中で露天風呂につかっているとします。もちろん私たち全員です。同じ湯船(?)の中 にいますので湯加減のほどは同じように感じているはずです。同じ湯加減というところが全員が意識せずともキャッチできる共通素材です。 まずは、この共通素材の湯加減を共通素材-1として、音楽で言うところの「テンポ」という言葉こ置き換えることにしましょう。 さて、大自然の中の露天風呂で4人全員が同じテンポ感に浸っています。「テンポ感」という言葉は何かしっくり来ない方もおられるかもしれません。 普通は、「テンポ」だけで「感」という文字はつきません。「テンポ感」は、「テンポ」という言葉よりももっと「アナログチックな意味」で使っ ています。二つの単語で表現しようとしていることの違いはこんな感じになります。

  • ●1秒づつ4つカウントして、「1小節」4秒。
  • ●4秒「1小節」を4等分して一拍。
  • こんな説明ではお分かりになってもらえないかもしれません。もう少し実際の演奏に沿って説明させていただくまえに大前提は、各プレイヤーは それぞれ固有の感性・感覚、はては人生感をもっているはずです。すでにバンドの演奏が始まっていて、これからいよいよアドリブ・セクション に突入するというところですが、ここまでは拍がずれる事もなく演奏してこれました。しかしながら、最初に出されたテンポとは若干ですが速くなったり、 遅くなったりしているかもしれません。それでも良い感じで演奏することが出来ました。これは、お互いがコミニュケーションを取り合い無意識に微調整 を行いながらトータルな音世界の中で共通したベスト(ここが快適なポイント)に近いと思われる何かを感じているからです。ただし、音楽が時間とともに 進んでいくことを歩くことにたとえれば、前記のようにベストの-次の一歩は右30度、前方50cm-というように最適ポイントを把握するには、 各プレイヤーがある程度前方を見ている必要があります。なぜなら、このまま次ぎの一歩を踏み出せば、ウンチを真上から直撃してしまうかも知れないからです。 後の手間を考えると避けたほうが無難だと思われます。自分自身の足元を見ている限りはこのような事がおこるかもしれません。未来というと大げさかもし れませんが、これから起こるであろう何かをみている(感じる)ことが大事で必要なことだと思えてなりません。せいぜい一歩先、1mぐらい先を見ていればとりあえず は、ウンチを直撃することは避けることができると思います。未来というのは、一小節先、二拍先などのすぐ先の未来です。 そして大事なことをもう一つお話しておかなければなりません。

    ここでは「テンポ」や「テンポ感」についてお話していますが、その「テンポ」についてですが、今行われている演奏の目的は「テンポ」をメトロノームのように キープすることだけではありません。というよりも、「いい音楽を作れる」ためには「テンポ・キープをできる」ということと直結しているわけではありません。。、 遅くなっても速くなっても良い演奏は「良い演奏」なのです。誰かが「テンポが遅くなってきたので速くしよう」と思った瞬間に4人の均衡が崩れて快適な未来が崩壊して しまうかもしれません。実際に即興的な演奏の瞬間瞬間においては、自然発生的でない流れに沿わない意識は、微妙にバランスをとりつつ構築されてゆく音楽、この場合 はより良いと思われる「即興演奏」の効果的要素にはならない事が多いです。これから始まる即興演奏に原則として各プレイヤー4人には、ザックリした方向はあっても 詳細な「計算」はありません。というよりも「計算」があってはバンド全体の演奏の未来に対応できなくなってしまいます。なぜなら、4人が4人自分自身の計算したこと を実行してしまうと、どうなるか想像してみてください。4人それぞれが思い描く絵は、きっと違うはずですが、みんながみんなそれぞれの思いを押し切ろうとしたら、 きっと上手くいきません。計算があってもなくても他のプレイヤーは自分とは違うであろう事を感じでそれを表現してくるわけですら、どだい最初か「違う」のです。 だとするとあまり的確な言い方かでないかもしれませんが「その場しのぎ」ができないと上手く音の海を泳いで反応し続けることが出来ないと思います。この「 その場しのぎ」については、別の機会にお話したいと思います。私は、実は「究極のその場しのぎ」をどんな状況にあっても実行できるようにしたいと考えて練習して います。ちよっと話をもどしてテンポそのもののお話をしますが、仮に4人に他のプレイヤーの音が聞こえないように耳栓をして演奏してもらったら、どのように なるでしょうか。多分、テーマを演奏し終わる前に各プレイヤー同士にズレが生じてくると思います。お互いの演奏が聞こえていないのですからアンサンブル になりませんし、一緒に演奏する意味がありません。一緒に演奏するということは、何か溶け合うかぶつかり合うか、あるいは、そのどちらでもない状態を あらかじめ理解した上でのトライです。上手くいけば、一人で演奏するよりもずっと楽しく面白い状況を作り出せるかもしれないし、それがお互いのさらなる 成長を促してくれるかもしれません。ううぅぅ・・また、本筋からそれてしまってすみません。

    ●共通素材-2
    <

    ●共通素材-3

    • つづく・・・。