荒崎英一郎-プロフィール

ジャズサックス教室


1953年大阪生まれ。関西大学を卒業と同時に上京し、土岐英史氏に師事。東京都内のジャズ・スホットで活躍。 1981年渡米し、バークリー音楽大学に入学、Jazz Composition&Arranging学科で修学した。

在学中も演奏活動を継続し、Boston Globe Jazz Festival等に出演。大学より奨学金(Proffesional Scholaship)を取得し、 ボストン市内のジャズ・スポットで活躍した。 Saxをビル・ピアス氏、作・編曲をハーブ・ポメロイ氏、ロバート・フリードマン氏に師事。

1984年に卒業後帰国し、主に関西圏で音楽活動を展開している。 アン・ヤング゙、与世山加与子の九州・四国ツアー、 矢沢永吉の大阪・名古屋公演、ファースト・エディションの東京ツアー、中之島ジャズ・フェスティバル、ナニワ・ジャズフェスティバル、 スリー・ブラインド・マイス20周年記念コンサート、滝野社ジャズフェスティバル等々に参加。「まつぼっくり少年少女合唱団」の中国公演、 NHK録画のためのアレンジ、「だんじりとジャズオーケストラのための作品1,2」等、作品多数。

1994年、5th IASJ(international association of jazz)に日本から初参加。ニューヨークで各国のジャズ音楽家と10日間、修学に励み特にデイブ・リーブマンに強い影響を受けた。2001年、 ニュースクール(ニューヨーク) 2006年、「ルイビル大学」(ケンタッキー)の各会合にも参加。「Freedom Jazz Spirits」「荒崎英一郎Big Band」 「West Jazz Factory」「Latin side of jazz」「10 tenor sax ensemble」「Big Apple sunday night jazz orchestra」を主宰、 「足立衛とアゼリアジャズオーケストラ」のレギュラー・メンバー、荒崎音楽塾、甲陽音楽学院講師。FREEDOM MUSIC SERVICE代表。

「ステップ・アップ講座(Kobe Jazz)」は、ここです。

「ジャズ批評」誌の今月号(2010年11月号)に荒崎英一郎のインタビュー掲載されています。

「サックス&ブラスマガジン(2011年8月24日発売)」にコメント掲載されています。

「サックス&ブラスマガジン(2013年2月28日発売)」にコメント掲載されています。

参加しているCD、LP

「Motion」(KICJ-190)

「Spiritual Vibes 」(TFCC-88304)

「Hurry Hurry Hurry 」(UkRR-6007)

「Scheme Supreme」(TFCC-88303)

「First Edition 」( マボロシの世界P-0011)

「Daisen 」(TR-1011-15)

「Blue Light Osaka」(YMK ヘ-1)

「The station」(FJS-1)

「Wind of Nangug」(パンドラ・レコード)

「Gregorio's Movie」(GGG-369)

「Sketch of Blue」(YMD-001)

「Freedom Jazz SpiritsPlays Standard」(R-0000548)

「光のエチュード」(SAMP-21018)

「彼処こち」(SAMP-22020-21) 他

藤井郷子オーケストラ「神戸バージョン」

Kobe Jazz Composer's Orch.「In Our Heads」

Kimiko Okada「Chami's Cafe」

その他