●音楽用語の説明

Scaleとは
日本語では、音階。一般に良く使用されているのは「Major Scale(Ionian)」、 「Natural Minor」、「Harmonic Minor」、「Melodic Minor」などです。 モード(Ionian,Dorian etc.)もスケールです。十二音音階(半音音階)というのも あります。周期的に繰り返す「音を段階的に並べた列」と言う事でしょうか。
Major ScaleとMinor Scaleとは
一般にトニックとサードのインターバルがMajor3rdならば、Majorスケールと言います。 同じくMinor3rdならMinorスケールと言います。3rdのないスケールはどちらなのか わかりません。

コード・ネームの命名法(ルート・ポジションのコードについて)

  • 1.ルートをアルファベットの大文字で書きます。

  • 2.ルートとサードのインターバル(音程)をアルファベットの大文字の右下に書きます。 この時、Major3rdなら[maj],[M],などと書き、Minor3rdなら、[-],[minor]など と書きます。
  • 3.ルートとフィフスのインターバルをアルファベットの大文字の右上に書きます。 この時、Perfect5thならば、何も書きません。Dim.5thなら、[flat5]、[-5]などと 書きます。(flatは記号で書きます。)Aug.5thならば、[Aug]、[+5]、[#5]などと 書きます。なにも書かないデフォルトがPerfect5thです。
  • 4.最後に.ルートとセブンスのインターバル(音程)をアルファベットの大文字の右下に追加して書きます。 この時、この時、Major3rdなら[maj],[M],などと書き、Minor3rdなら、[-],[minor]など と書きます。
  • 5.最後に、全体の調整をします。

アルファベットの大文字の右下は、ルートとサードのインターバルとルートとセブンスのインターバル がだぶっています。次のようなルールでだぶりをなくします。

  • 1.major,major(3rd,7thともインターバルがMajor)ならば、一つ削除して[major]にします。
  • 2.major,minor(3rdのインターバルはMajorで、7thのインターバルはMinor)ならば、+-=0で[何も書きません。
  • 3.minor,major(3rdのインターバルはMinorで、7thのインターバルはMajor)ならば、[-major7]と書きます。
  • 4.minor,minor(3rd,7thともインターバルがMinor)ならば、一つ削除して[-]にします。

Mode(モード)について

モードは音階の一種で「七つのギリシャ・モード」というのがあります。

  • 1.Ionian(アイオニアン)--メジャー・スケールと同じ
  • 2.Dorian(ドリアン)--メジャー・スケールの3度と7度が半音下げられたスケール
  • 3.Phrigian(フィリジアン)--メジャー・スケールの2度、3度と6度、7度が半音下げられたスケール
  • 4.Lydian(リディアン)--メジャー・スケールの4度を半音あげたスケール
  • 5.Mix-lydian(ミクソリディイアン)--メジャー・スケールの7度が半音下げられたスケール
  • 6.Aeorian(エオリアン)--メジャー・スケールの3度と6度、7度が半音下げられたスケール
  • 7.Locrian(ロクリアン)--メジャー・スケールの2度、3度、5度、6度、7度が半音下げられたスケール

などです。

●サブ・ドミナントとドミナントにつて
スケール上の5番目の音をドミナントといい、その上に出来るコードをドミナント・コードといいます。 また、それが7thコードの場合、ドミナント・セブンスと言ったりします。自分のお家(トニック)に帰るために 大事なコードです。 スケール上の4番目の音をサブ・ドミナントといい、その上に出来るコードをサブ・ドミナント・コードといいます。
●ドミナント・モーションについて
隣同士のコードのルートがPerfect5th下向するか、Perfect4th上向し、なお且つ、 7thChordから始まっている進行です。
●ツー・ファイブについて
隣同士のコードのルートがPerfect5th下向するか、Perfect4th上向し、なお且つ、 Minor7th(Minor)Chord,7thChordのコード・タイプの並びになっているコード・パターンです。
●セカンダリー・ドミナントについて
本来のキーのFive7thではない、他のキーのFive7thのことです。
●モーダル・インターチェンジについて
同じトニックを持つ他のモードのダイアトニック・コードを使用する事、或はモードを変更する事です。
●インターバル(音程)について
音と音の距離(どれぐらい離れているか)を計る物差しの単位で、最小単位は、「半音」です。
1.半音
2.全音 = 半音 + 半音
3.短三度 = 半音 +半音 +半音
4.長三度 = (半音 +半音) +(半音 + 半音) = 全音 + 全音
5.完全四度 = (半音)*5
6.増四度(減五度) = (半音)*6
などとなります。
●コード・パターンについて
慣用的に使われる一定のコードのつなぎ方の事です。
1.D-7|G7|C
2.C|A7|D-7|G7|
などです。
●ディグリー・ネームについて
コード・ネームは何時も仮の姿をしていて、実態は状況によって変ってきます。 キーがC MajorのG7とキーがD MajorのG7は、見かけは同じ顔を持っていますが 実態は違うものです。実態を簡単に見える様にするためにディグリー・ネーム を使います。普通、ローマ数字を使います。
●Altered Scaleとは
Root, flat9th, #9th, 3rd, #11, flat13th, 7thからなるScale
●Voicingとは
音を積む事。或は、音の積み方。
●Tentionとは
あるコード内においてコード・トーン以外で、使用出来る音。9th, #9th, flat9th, 11th, #11th, 13th, flat13th。
●Diminish Chordとは
隣同士のコード・トーンのインターバルがすべて[-3]で出来ているコード。Tritoneを二つ持っている。
●Altered Scaleとは
root, flat9th, #9th, 3rd, #11th, flat13th, flat7thからなるスケール。
●Combination Diminish Scaleとは
[-2][M2]のインターバルの繰り返しで出来ているスケール。root, flat9th, #9th, #11th, 5th, 13th, 7th。
●Try tone substitutionとは
同じトライ・トーンをもつ7th Chordは、互いに「代理コードである。」といいます。 これを根拠にしたコードの置き換えを「トライトーン・サブスティテューション」と言います。
●平行調とは
C MajorとA Minorは、平行調の関係にあります。C MajorはA Minorの平行長調で、 A MinorはC Majorの平行短調であるといいます。