Saxophone(サックス)お役立ちページ

ジャズサックス吹きの散歩道

このエントリーをはてなブックマークに追加

●サックスの高音域が出しにくいが、中音域は良く鳴る。

中低音域が十分に鳴るなら、この音域の喉の状態やアンブシャーの具合はO.K.だと思います。高音域の状態をチェックしましょう。 音域によってアンブッシャーの締め付け具合は変化しますが、無意識の内に極端に強くなったりしている場合があります。 普通、喉の状態は、音域に連動して動くように出来ていますから「ピッチが高い」という意識は、喉の緊張を促します。 人によっては、アンブシャーの締め付けにも影響してきます。高音域のアンブシャーの状態をチェックして下さい。 また、同時に喉の状態もチェックします。音が高いという意識は、ごく自然に喉の緊張を生みだすので喉が必要以上に緊張していないかどうかを調べる必要があります。 中低音にフットした喉の状態で高音域を十分に鳴らすのは、難しいですし、その逆もしかりです。音域の違いによる喉の状態を体得するのには サックスのための「倍音列」の練習が最適だと思います。また、次のように教える先生もいます。「最低音を出すように最高音を出しなさい。」