Saxophone(サックス) お役立ちページ

Jazz saxophone 吹きの散歩道

このエントリーをはてなブックマークに追加

タンギングするとき、舌の下中央にマウスピースの先端が当たる。

サックスのタンギングの基本は、舌の先のやや上側がマウスピースの先端のやや下側(リードの先端)に軽く触れるように 当てます。舌全体の動きはほとんどありません。舌は、タンギングするたびに押して引いての-2-セットの動作 ではなく、-1-セットの動きをしています。まず、舌の先端部分でタンギングをするように修正して下さい。 舌の下側がマウスピースの先端あたりに当たるということは、舌がマウスピースの上側にあるという事です。 空気のながれが抑制されてしまう可能性があります。慣れ親しんだ習慣を修正するのはなかなか難しいですが トライする価値は十分あります。音そのものが大きくかわるかもしれないからです。 口の中の身体部分で固定されていないものは唯一つ、「舌」です。舌の位置によって息の流れる様子が変わってくると 思いますので音に対する影響は少なくありません。各音域によっていろいろに変動しているようです。タンギングとの 兼ね合い、各個人の固有の形状、息のスピードなど多くの関わってくる要素がありますので一概に「ここがベスト」とは いえませんが、まずは、シンプルにロングトーンしているときに一番良い響きがするポジションを見つけることが大事かと 思います。