Saxophone(サックス) お役立ちページ

Jazz saxophone 吹きの散歩道

このエントリーをはてなブックマークに追加

●タンギングの問題。

サックスを演奏するうえでタンギング(舌つき)は、音色や音の大きさ、レガートなどに大きな影響を与えます。生徒によっては ロング・トーンをしている場合はすごく良い音がしているのに、スケール練習などを タンギングをしながら行うと、音色や音の大きさが変わってしまうこともしばしば見受けられます。 タンギングは、演奏中の口の中の空気の流れに大きな影響を及ぼしてしまうので、「音」そのものにも深く 関わっています。 自然な空気の流れの障害物にならないように舌の動きをコントロールできるように練習しましょう。 通常の演奏状態(ただ音が鳴っている状態)での口の中での舌の位置を確認してみてはいかがでしょうか。 また、タンギングしているとき、舌のどの辺りがマウスピースのどの辺りに触れているのかなどもチェック してみては。