Saxophone(サックス) お役立ちページ

Jazz saxophone 吹きの散歩道

このエントリーをはてなブックマークに追加

●リードの選択がわからない。

硬さ・柔らかさについて
リードの硬さ・柔らかさの尺度は、物によって違います。現在は、メーカー名が 違っていても同じ会社だということもありますが、それぞれのリードによって個性があり、 その尺度の単位も数字であったり、言葉であったりします。初心者の方は、真ん中よりも少し 柔らかめをお勧めします。「Medium」「Medium soft」「2.5」「2.0」などがいいかもしれません。 より硬いリードを使う方が上級者で、より柔らかいものが「初心者」というものではありません。 演奏・練習の経験、多くの試行錯誤でもってご自身に最適な硬さ・種類が見つかってきます。 最初は、真ん中を基準にして上下左右にふれてみるのがいいと思います。ご自身の感覚を大切に しましょう。
カットについて
「フレンチ・カット」と「アメリカン・カット」の二つの種類があります。 フレンチ・カットのノリードの外観は、真ん中あたりに段差があってリード自身に装飾的な細工が施されているように 見えるかもしれません。機能的にはアメリカン・カットに較べると腰がより強く感じます。比較的顎のプレスが強めの人 に向いているかと思います。代表的なところでは「バンドレンのトラディショナル(青箱)」などです。アメリカン・カット のリードは、この真ん中辺りの段差がありません。代表的にものでは「ラ・ボーズ」などです。サックスを演奏する上で 今現在は、アメリカン・カットをお使いになっているとしても、将来、フレンチ・カットのリードを使うことにもなると 思います。マウスピース、楽器、ご自身の習熟度合い、体調、好きな音、音楽スタイルなどによって、リードの選択も 自由自在です。概して、初心者の方はアメリカン・カットの方が取り組みやすいかもしれません。