Saxophoneお役立ちページ

〇ジョー・ラバーノさんのツー・ファイブ

ジョー・ロバーノのツー・ファイブ(Two-Five)-1/Jazz sax 吹きの散歩道

このフレーズは、バラードの一節です。この曲の素晴らしいものになっています。コルトレーン風のラインですが 私は、あまりに偉大すぎてコルトレーンをマネしようとは思いもよらなかったので、他の人の演奏を通じてコルトレーン を知りました。いつもいつも解決するツー・ファイブではありません。メロデックなラインを優先したものも、当然ですが あります。-100%-コード・チェンジを聞かせるため音楽しているわけではありませんので。

ジョー・ロバーノのツー・ファイブ(Two-Five)-2/Jazz sax 吹きの散歩道

これも上記の曲で演奏されただれでも知っていて演奏するメロディーです。この演奏の中では、素晴らしい 効果を生み出しています。アドリブを「線」と考えると-x,y,z軸-の中を自由に突っ走れる自分がいるのですが バランスが問題だなと感じます。

ジョー・ロバーノのツー・ファイブ(Two-Five)-3/Jazz sax 吹きの散歩道

これも同じ演奏なんですが、大きく見ると「パターン」と「スケール」を組み合わせた感じに見えます。積み上げられたもの の上で本当に即興でやっているのがよくわかります。